FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『読書のチカラ』

『読書のチカラ』齋藤 孝
読書のチカラ (だいわ文庫)


大学生の人達へ。これくらいの本は大学生の時に読もうよというコンセプトですね。

本は、買うだけでも意味がある
本は、買った時点で、一味違うあなたがいる。さらに本を読むと、もっと違ったあなたが生まれる。
本を読んだら、ノートに記し、あるいは抜き書きをし、さらにはサブノートをつくるようになれば鬼に金棒の人生となるに違いない。

学校をでてからの読書
ほとんどは、学校をでてからの読書と仕事と精神の鍛練による、人格、品格の形成にかかっているのである。
読書が足りないと、一番大事な自分が活かされないまま、人生を終えていくことになる。5d917f34820345f23ea08c56b90a5b0f--wirehaired-fox-terrier-baby-foxes.jpg
稲盛和夫(京セラ創業者)の言葉
自らの直接的な経験と、読書を通じて得た間接的な経験は、人生で成功を収める上での精神的な基礎をつくってくれます。『成功への情熱』稲盛和夫著より。

『読書のチカラ』読書の価値を教えてくれる本でした。
この本の中の紹介本

訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト

『読書のルール 23』

『読書のルール 23』遠越 段
20代のうちに知っておきたい読書のルール23

本を読めば、自分が変わり、成長し、世の中になくてはならない存在になっていく。
というコンセプトですね。

本は、買うだけでも意味がある
本は、買った時点で、一味違うあなたがいる。さらに本を読むと、もっと違ったあなたが生まれる。
本を読んだら、ノートに記し、あるいは抜き書きをし、さらにはサブノートをつくるようになれば鬼に金棒の人生となるに違いない。

学校をでてからの読書
ほとんどは、学校をでてからの読書と仕事と精神の鍛練による、人格、品格の形成にかかっているのである。
読書が足りないと、一番大事な自分が活かされないまま、人生を終えていくことになる。5d917f34820345f23ea08c56b90a5b0f--wirehaired-fox-terrier-baby-foxes.jpg
稲盛和夫(京セラ創業者)の言葉
自らの直接的な経験と、読書を通じて得た間接的な経験は、人生で成功を収める上での精神的な基礎をつくってくれます。『成功への情熱』稲盛和夫著より。

『読書のルール 23』読書の価値を教えてくれる本でした。
この本の中の紹介本
一冊の本
読書と人生 (講談社文芸文庫)
現代読書法 (講談社学術文庫)

訪問ありがとうございます。

『読んだら忘れない読書術』

『読んだら忘れない読書術』樺沢紫苑
読んだら忘れない読書術
読書がどんだけいいものかを、これでもかと教えてくれる本です。
読書とは
読書はあなたの人生を変える「最強の切り札」
先人、偉人たちの2000年以上の叡智の結晶の力を借りれば、不可能なことなどなくなるでしょう。

どれだけ読むか。
1200冊。ここまで本を読めば、あなたの人生に革命が起きることは間違いないでしょう。
「健康、お金、時間、人、成長」、読書はこれらすべてを与えてくれます。みや読書
人の能力
人間の能力は、脳を鍛えることによって、一生伸ばし続けることができるのです。
人間の能力を伸ばすために何をすればいいのか。それは運動読書です。

今まで読んだ本の数をかぞえてみた。 2018.12.24時点
読書メモを数えると、2013年まで72冊、2014年147冊、2015年302冊、2016年198冊、2017年193冊、2018年174冊。
全1,086冊。革命前夜。

訪問ありがとうございます。

自分の一日を前もって創造する

『ザ・シークレット』
ザ・シークレットなんだか怪しい本のように見えますが、読んでみると”自分の思考が自分の人生をつくる”ことを一貫して説明してくれています。
次の日を事前に考える
P113 引き寄せの法則を利用すると自分の人生さえも事前に創造することができます。事前に自分の一日を思案することが大切です。日々起こりうるすべての出来事を毎日事前に考えておくことがどれだけ重要か分かったはずです。日々の出来事を前もって思考で決めることを毎日の習慣にしてください。それこそが、自分の人生を意図的に創造することになるのです。

考えない結果
P111 あなたはむしろその逆をやっていて、次の日のことなど全く考えないで、その結果として、いつも急いだり慌てたりしていたのかもしれません。
明日の予定を書き出すことで、人生を創造することができます。

●今後はシステム手帳に明日の出来事を書いていくことにします。どう変わるか楽しみです。

訪問ありがとうございます。
このカテゴリーは、明日の予定を決めて書き出すことがいかに大事かを書いている本を集めています。

『東大読書』

『東大読書』西岡壱誠著
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
さすが東大生という感じの、ポイントをついた読書本です。
読書に読み取るストーリーを持ち込み、それに沿って読むことで、自分で考える力をつけようというもの。
ak22.jpg
なるほどと思ったところ
・読む前に、帯やカバーの言葉、著者の経歴などを付箋に書く。
・その情報を前提に、この本から何を得るのか仮説をたて目標を決める。
・読んだあとにその検証と、結論をだす。

小説にはつかえないか。。。
・ビジネス本や、新書、ノンフィクションなどには有効に使えそう。
・自分でやってみましたが、1冊を読むのに目標があるので集中力とスピードがあがりました。
・小説は順序を踏まえて読むので、この方法はなじまないですかね。

しかし、読むポイントをはっきりさせて目標をもって読む。という読み方は、今まで知らなかったので、とても勉強になる本でした。

訪問ありがとうございます。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
ブログへようこそ!

岡山市在住。広島、姫路と単身赴任して、今は岡山にやっと戻ることができました。 
建築・不動産業界で仕事中。
子供は社会人1名、大学院生1名、大学生1名、高校生1名の4人。奥様は1名。
本を読んで役立ったことなどを綴ってます。読んだ冊数1,086冊。
写真はオーストラリアの空と海。

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。