FC2ブログ

ある日曜日

スタバとカレーと奥様の日
●今日は日曜日。単身赴任の当方、今日は優しい奥様が岡山から姫路に日帰りで来てくれました。昼間は姫路のスターバックスでくつろぎました。たのむ珈琲はグランデ。スタバのスタッフの皆さんの対応はほんとに癒されますね。シュルツさんのこだわりが生きてる感じです。そんなカフェで。。~こっそりパンを持ち込む2人連れ~。。奥様ぁ、、持込だ、だめだって。。
CIMG0469.jpgスターバックス再生物語 つながりを育む経営👆創業者ハワード・シュルツ氏の苦闘と珈琲熱が伝わりますね。

●優しい奥様は、色々と手料理を作ってくれ、夕方には岡山に戻っていきました。
そして、いつもの日曜日の夕方の淋しい時間がやってきます。高校生の頃から日曜日の夕方はせつない時間だった気がします。
夜は作ってもらったカレーを食べながら、しみじみと感謝する夜になりました。明日から始まる仕事のことを考え憂鬱になる気分を噛みしめながら、スタバでの楽しい時間とおいしいカレーで今夜はなんとかやり過ごせそうです。。早く寝よう。。カレー美味しかったです。。
ありがとう。CIMG0471.jpg
スポンサーサイト

仕事を楽しむ

新しい仕事がくる
来期から新しい業務がオンされる予定。かなりハードな体制転換が待ち受けている会社。
ナーバスな状況です。なんとか乗り越える方法をこの本の中に探してみました。
『できる人の仕事のしかた』リチャードテンプラーCIMG0457.jpg
●脅威(新しい仕事)のプラス面をみる
「現実になった脅威はすべて自分が成長し変化するチャンスにもなる。新しい環境に適応し、働き方を変えるチャンスだ。そういう前向きな態度でいれば、むしろ脅威のプラス面がたくさんみえてくる。脅威は自分の能力を証明するチャンスでもある。難しい局面に立たされることがなければ、成長することもできないのだ」。。ナルホDO。逆境バンザイ、松岡修三さんのような感じですね。
●難しい局面こそ成長する
新しい仕事は脅威のひとつ。新しい脅威を、自分の成長のための環境と前向きにとらえることで、プラスに変えてしまうことができる。現実となる脅威をチャンスととらえる。
脅威をプラスと思って迎え撃つのと、やってられないと迎え撃つのとでは成長が違うだろうということですね。。。しんどいけど頑張ろう。。でも一人で何役すればいいのか。

仕事とサザエさん症候群③

サザエさん症候群を逆療法で乗り越える、ヒントをこの本にみつけました。
CIMG0440.jpg『お金という人生の呪縛について』マネックス証券創業者、松本大氏
●ポイント
「一日たりとも仕事を休むのはもったいないと思うのです。やはり仕事には慣性の法則が働き、これが無視できないほどの大きな力になってきます。ところが、いったん仕事のスピードを落としたり、休止したりしてしまうと、元のスピードに戻すのに相当の時間がかかってしまいます。」
なるほど。。
●逆療法
土日をゆっくりしてしまうと、元にもどすのにしんどい。。ならば土日も仕事をしてしまえと思い仕事を自宅に持って帰りました。しかし、休みモードの日に仕事の資料をみる気が起こらず、うまくいきませんでした。でも、仕事の慣性を落とさない工夫をすればといい思います。
●まとめ
松本氏は東大法学部卒でどんだけ仕事するの?というハードワーカーのようです。すごいです。この方にサザエさん症候群はないですね。というよりも症候群になる暇がないということですね。たぶん。。真似できそうな方はしてくださいね。健康を祈ります。

訪問ありがとうございます。

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
ブログへようこそ!
岡山在住 姫路に単身赴任から岡山にやっと戻ることができました。 
一人の社会人と二人の大学生と一人の高校生と一人の奥様と過ごす毎日。本を読んで役立ったことを伝えたくて綴ってます。
写真はオーストラリアの空と海。

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR