FC2ブログ

これでいいのか自分の仕事

●『自分の中に毒を持て』岡本 太郎氏
DSC00004.jpg
芸術は爆発だと表現された岡本太郎氏。本の世界とはあまり接点がないかと思いきや読書について次のような記述があります。 「ぼくは子供時代からあらゆる本を濫読した。童話や、グリム、アンデルセン、アラビアンナイト、ガリバー、西遊記、モーパッサンやトルストイ、ツルゲーネフなど小学校の高学年の時には夢中になって読んだ。中学に入るか入らないかの頃ショウペンハウエルにとりつかれ読みふけったのを覚えている。パリに行ってからはまず小説に取り組んだ。スタンダールの『赤と黒』、『パルムの僧院』、アンドレ・マルローの『人間の条件』、哲学書ではニーチェ、キルケゴール、ヤスパースなど実存哲学に熱中した。不思議なもので、自分が求めているときはそれにこたえてくれるものが自然にわかるものだ。それには、たくさん読まなくちゃいけない。」とあります。
爆発する芸術もその土台にはしっかりした読書を基盤とした理論があるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
ブログへようこそ!
岡山在住 姫路に単身赴任から岡山にやっと戻ることができました。 
一人の社会人と二人の大学生と一人の高校生と一人の奥様と過ごす毎日。本を読んで役立ったことを伝えたくて綴ってます。
写真はオーストラリアの空と海。

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR