FC2ブログ

絶望したときの読書術

『絶望読書』頭木 弘樹著

●ちょっと暗いタイトルですが、そうじゃありません。
絶望したときは、絶望に寄り添う本を読むことで救いになる。
それが、カフカでありドストエフスキーの本。特にカフカの『変身』。
ある朝、グレーゴル・ザムザがなにか気がかりな夢から目をさますと、自分が寝床の中で一匹の巨大な虫に変わっているのを発見した」というでだしです。
たしかに朝起きたら自分が巨大な虫になっていた。。これは、かなり絶望的です。

絶望読書――苦悩の時期、私を救った本絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫)
                    元気だせよ
絶望犬
●絶望したときには、絶望に合う読書を。絶望してないときは先回りしてカフカを読んどこうということですね。まずは『絶望読書』読んでおけば準備万端です。
今は、引っこまないお腹まわりが絶望的だなぁ。これも読書でなんとか。。。💦💦無理無理。    

              お腹、絶望的。。。カフカ読(よ)も。
0-36.png変身 (新潮文庫)👆『変身』カフカ 
ある朝めをさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっている。。。この絶望どうなるんだ。

訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
ブログへようこそ!
岡山在住 姫路に単身赴任から岡山にやっと戻ることができました。 
一人の社会人と二人の大学生と一人の高校生と一人の奥様と過ごす毎日。本を読んで役立ったことを伝えたくて綴ってます。
写真はオーストラリアの空と海。

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR