FC2ブログ

映画 『生きる』

●映画『生きる』・・・何故か、ふと思い浮かぶ映画ですね。
黒澤明監督の映画『生きる』 役所務めの主人公が、癌と診断され自分の生きる意味を自分に問う。そして、残りの生をガムシャラに市民のための公園づくりに全力をあげる。公園ができあがったあと、主人公がブランコに乗りながら、しみじみと”ゴンドラの唄”を歌う。
♪ いのち短し 恋せよ おとめ
   赤き唇 あせね間に
   熱き血潮の 冷めぬ間に
   明日の 月日は ないものを 


 生きる[東宝DVD名作セレクション]
●この『生きる』の主人公は最後の最後になって、生きるとは誰かの為に生きることに気づき、自分としての大試合である公園づくりに命をかけたということでしょうか。毎日が大試合わかっちゃいるけど。。。というところですね。今日は日曜日、明日から仕事の大試合が待ってる。
いのち短し 恋せよおとめ・・・”ゴンドラの唄”しみじみしますね。
375x281.jpg
●この主人公が残りの命をかけて、人々のために作った公園。自分にとっての公園。それを一人一人が考えてみたらどうでしょうか。。と黒澤監督は言いたかったのかもしれない。そう考えると深く重い。さすが、やはり世界の黒澤監督です。
                   オレも生きる
thumb5.jpg 

訪問ありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
ブログへようこそ!

岡山市在住。広島、姫路と単身赴任して、今は岡山にやっと戻ることができました。 
建築・不動産業界で仕事中。
子供は社会人1名、大学院生1名、大学生1名、高校生1名の4人。奥様は1名。
本を読んで役立ったことなどを綴ってます。読んだ冊数1,086冊。
写真はオーストラリアの空と海。

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR