FC2ブログ

仕事と愛

3つの真実 野口嘉則著

仕事に埋没して大事なことに気づけない男
この本に登場する矢口亮氏は、コンサルタント会社の猛烈経営者。しかし、社員に辞められ経営危機に陥り、家庭では妻子とうまくいかず。という混迷状態。全く他人事ではない状態をどう超えていくのか。途方に暮れる矢口氏。仕事や家庭で何をどう進めていけばいいのか。
3つの真実 人生を変える“愛と幸せと豊かさの秘密”

生きる中心軸とは何かを語る老人が現れる
途方に暮れる矢口氏の前に老人が現れ、次のようなことを曰く。いろんなことで混乱するのは自分の軸が定まってないからと指摘される。
まず人生で最も望むものは何か。成功することが人生の目的になっていないか。人とのつながりの中に幸せが潜んでいる。相手を幸せにしよう、喜ばせようというのが愛。人は皆幸せを望んでいるとすれば、本当の幸せは愛に生きるときにもたらされる。愛に生き、人とつながることによって幸せはもたらされる。成功してお金持ちになれば豊かさは運んできてくれるが、幸せを運んできてくれるわけではない。仕事で成功することも、お金持ちになることも人生を楽しむための一手段にすぎない。と語る。
DSC9804.jpg
愛に生きるための3つの真実とはなにか。
愛に生きるためには3つの真実を知り、自分のものにする必要がある。
1つ目 人間は肉体を超えた存在であること。宇宙の偉大な力とつながっている。そして、その本質は愛である。このことを心の底から認めるとき、われわれの自尊心は満たされ怖れに支配されなくなる。
2つ目 人生は自分の心を映し出す鏡である。心の中の状態を鏡のように映しだしたものが人生。
3つ目 感情は感じれば開放される
大切なことは、この3つの真実を自分のものにすること。それいよって、自尊心を満たし愛に生き、本当の幸せを実現することができる。それで中心軸も定まる。
mainimage3.jpg
仕事も愛を軸にできる。
仕事中は何かと気ぜわしい。仕事と愛は関係ない、そんな状況に多々直面する。しかし、愛を自分の軸として仕事をすることは可能です。仕事のプレッシャーはわかる。しかし、まず愛を動機として生き、仕事をする。そのためには、3つの真実を知って自分のものにする必要がある。ここには書ききれませんが他にも、多くの示唆ある考え方が示されています。方向を見失いそうな時、真実を忘れそうな時、『3つの真実』読むと効きます

訪問ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

スカイ

Author:スカイ
ブログへようこそ!
岡山在住 姫路に単身赴任から岡山にやっと戻ることができました。 
一人の社会人と二人の大学生と一人の高校生と一人の奥様と過ごす毎日。本を読んで役立ったことを伝えたくて綴ってます。
写真はオーストラリアの空と海。

訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR